2017年5月13日土曜日

ZEROハブ復活!ホイール買い替えを検討されている方必見!!


アクションスポーツさんからいつも仕入れていた『トラジオーネ』のZEROハブですが・・・

しばらく在庫が無い状態で、当店で人気のある手組みホイールも最近では同じノバテック製のハブを採用した『TNI』のエボリューションライトハブを使用していました。

ところが先日、昨年秋頃から在庫が無いままだった、そのZEROハブがようやく入荷したと、アクションスポーツさんからご連絡を頂いたので、早速2セット送って頂くことにしました。

写真の手前が今回送ってきたZEROハブ(フロント用)で、奥が従来品のZEROハブ。

違いが判りますか?

真上から撮影したらもっと判りやすかったのかも知れませんが、よく見て頂いたらボディの太さがスリムになったのが判ります!


そして真横から見た場合・・・

右側が新型になりますが、ドリルド加工を加えて軽量化しています。

『TNI』のエボリューションライトハブと基本的に同じスペックになった訳ですね!

美しいクリアーポリッシュのハブが好みの方でしたら、迷わずこのハブを使って欲しいですね。

ベアリングはスチールボールですが、ノバテック製のハブは日本製のシールドベアリングを採用しているので、非常に精度が高くて回転が滑らかです!

セラミックベアリングに匹敵するくらい良く回るので、重量の軽さといい・・・コストパフォーマンスが非常に高い逸品です!

このフロントハブの唯一の欠点はフランジ間の幅が狭い事。

使うリムにもよりますが、ねじれに対する剛性が市販の完組ホイールなんかと比較した場合、10段階で8程度にしか組めないなぁ~!といった感じがございます。(個人的な主観ですが)

ただレースでもロングライドでも、幅広く使って頂けるオールラウンドなホイールに仕上げられるのがこの商品の魅力です!


リア用のハブもドリルド加工済みになっていますので・・・

これでリムハイト30mmのアルミリムを採用しても前後重量1410g(±10g程度)のホイールに仕上げる事が可能です。

シマノの新型デュラエース(R9100)のC24ホイールが、メーカー公表で前後セット重量約1450gって考えたら、手組みホイールが1410gで・・・

しかも価格が3分の1ってお買い得だと思いませんか?

僕はまだR9100のホイールに乗ったことが無いので、あくまで他の方のインプレッションを信用しますと・・・

同じデュラエースでも、7900や9000のC24に比べたら価格も重量も増している訳ではありますが、以前よりネックだったねじれ剛性の貧弱さがいくらか改善されたとか。

そういう意味ではR9100にしろ、相変わらず人気の高いシマノホイールではございますが、そこと比較した場合、当店の手組みホイールのメリットの高さが際立ちます。

まだ体重が70kg前後だった頃に7900や9000のC24に乗った僕の感想として、「非常にグニャグニャでダンシングがままならない。」だったのですが・・・

当店の手組みホイールは体重が86kgまで増加した僕でも、ダンシングで剛性不足が気にならなかったので、9000デュラに比べて重量が50g程重い分を、十分帳消しにできるメリットがあると言えます。

逆に言い換えればR9100のC24ホイールより40g程軽いのに、更に剛性が高いという事。

スポークさえ変えれば重量も変わりますが、剛性もある程度コントロールできるのが手組みホイールの良さでもあります。

スポークやニップルのカラーも自由に選択できて税込み価格が54000円~(そこまで大幅な価格増しはありません)なので、フレーム本来の性能を引き出してみたい方や、軽く仕上げたいとか速く走れるようにしたいとかっていう動機をお持ちの方は迷わずご検討下さい!

先月盗難された・・・

コメンサルのMTBは無事に発見されました!

不思議な事に元の場所に置いてあったそうです。

顔見知りの犯行かも知れないって話にはなっていましたが、「ここなら安全!」なんて言葉は決して絶対ではない事を思い知らされた感じでした。

皆さんも愛車の管理に注意して下さい!

そして通勤通学やお買い物等で、三ノ宮駅周辺の駐輪場をお使いのお客様におススメなのが・・・

琴ノ緒町3丁目にある『チャリプール』です!

屋内駐輪場で、しかもスマートキーシステムと24時間監視カメラで安心して利用ができます!

そして更衣室もあるので、ウェアで走って来て・・・ここでスーツに着替えるのも有りです。

フロアポンプや工具も一式揃っているので急なパンクや故障にも対応できます。

更にはなぜかローラー台もあったりするので、仕事帰りに一汗かいてから帰るのも有り?

逆に三宮駅周辺にお住まいの方で、マンションなど自転車の置き場に困っていらっしゃる方にもニーズがあるかも知れません。

使用料金は1ヶ月あたり通常6000円(税別)なんですが・・・

当店をご利用頂いているお客様には永年月額3000円(税別)と、半額で施設を利用できるクーポン券を差し上げます。

是非当店へご来店の上、お声掛け下さいませ!

2017年4月26日水曜日

またしても盗難です!


『コメンサル  エルカミーノMD3』  

(防犯登録番号)100G083133

(車体番号)S14010168

(カラー)マットブルー



本日盗難に遭ったとご連絡が入りました!

お客様が購入してまだ1年経ったばかりで、車体はかなり綺麗です。

どなたか見かけましたらよろしくお願い致します!

2017年4月22日土曜日

当店オリジナルチームジャージについて・・・

パンダーニさんで注文して制作中のジャージですが・・・

僕がパンダーニさんへ無理難題を吹っかけた上に、散々ハードルを上げまくった為なのか、現在まだデザインの仕上げが上がって来ていません。

ある程度のデザインや希望は伝えていますので、そこまで時間はかからないとは思っていますが・・・

もしかしたら僕が想像しているよりも、素晴らしい仕上げにしてくれているのかも知れません!

などとつい、またハードルを上げてしまいました。

仕上がりがすご~く楽しみです。

皆様今しばらくお待ちくださいね!

高遠花見サイクリング実施について・・・

やはり予想通り今が桜満開らしいので、行く方向性で決定しました!

ただし!

明日はM籏君がお休みする事になりまして・・・

そういう事情で明後日の24日(月)に走る事となりました。

月曜日なのでなかなか参加は厳しいと思いますが、できそうな方はご連絡下さい。

現時点で僕とヒデさんは走る事が決定しています。

2017年4月15日土曜日

高遠花見サイクリング?

やるのかやらないのかというより・・・

やりたいかやりたくないかって話。

そしてできるのかできないのかって問題を問われると、「う~ん・・・。」となってしまう。



でも高遠の桜は恥ずかしながらまだ見に行ったことが無くて・・・

バスツアーなんて組んだら大変な場所で、まず開花予想が必ずずれる!

見頃は天候次第ではあるけど4~6日と短い。

次に伊那から行こうが諏訪から行こうが、道が花見客の車で動かなくなる。

そんなリスキーな場所をツアーに組み込む事も出来ずに、旅行会社で働いていた頃から、ずっと行ってみたかった憧れの場所。




行きたいなぁ~。

でも体調がなぁ~。

それ以上にお店がスタッフ不足で店を空けるのもなぁ~。



それが「う~ん・・・。」となる理由。



僕が今一番走りたい道なんですが、松川からスタートして小渋湖を抜け、大鹿村で国道152号線に合流!

その152号線で中央構造線沿いに高遠に入るルートを走るって訳。


標高差1000m程の上りが待ち構えているが、行きは51km程の行程で、約30kmで1000m上る感じですから、そこまできつくはない・・・かな?


分杭峠はパワースポットらしいので、道中だけでもワクワクします!


高遠で桜を満喫したら・・・


帰りは伊那へ抜けて、『菓匠しみず』で美味しいケーキを買って食べて・・・


国道153号線か天竜川沿いを軽く流して帰る感じで・・・

往復で100km程のサイクリング。

そう考えたら行きたくなるのですけど・・・



本日の高遠は2分咲き!

来週末から再来週にかけてがピークと見た。

4月23日(日)ですけど・・・誰か一緒に行きます?

僕はメチャクチャ行きたい気持ちですけど、色々と複雑な思いもあって・・・

今すご~く悩んでいます。

興味ある方は是非・・・

それも直ちにご連絡を下さい!



ああ、モヤモヤする。(笑)

出鼻を挫かれ、お花見サイクリングに行けず・・・

今朝の走行会の話ですが・・・

脚の負傷から復活したH川様も来られていたので、このところ体調不良で昨日も仕事中に倒れそうになって、満身創痍な僕でしたが、今朝はウェアに着替えて出発の準備。

ギリギリお花見サイクリングができそうだったので、山手の坂道巡りでも・・・と思ったら「あれ?」ってなりまして・・・。

僕のTOKENの後輪が空回り・・・

ラチェットがちっともかからない状態になっていました。

「マジかぁ~。」と、一気にモチベーションがた落ち状態になる。

ホイールの交換とかしちゃうと、また皆さんを待たせてしまう事になるので、残念ながら僕は棄権をしてホイールのオーバーホールに取り掛かる事にしました。


ついでにスプロケ(ギア)もピカピカに磨いて綺麗にしました。

ラチェットの爪は元々6つ付いていたのですが・・・


東商会さん曰く「3つでも大丈夫です!」って言われて以来、3つしか入れていません。

グリスが固まったのが原因で、爪が倒れたら起き上がらなくなってしまう現象になっていました。

この現象は2014年の越前サイクリングで、ゴールまであと10~15kmってところで初めて発生して、やはり後輪が空回りの為、走れなくなって随分悔しい思いをしたものです。

爪を可能な限り研磨して・・・


クリーニングしたフリーに再装着!

TOKENのハブはシールドベアリング内に、チラミック(セラミックコーティングのチタン製)ベアリングが入っているので、専用のグリスじゃないとコーティングを傷めてしまうのですが、ラチェット部分はグリスの指定がないので、僕はウレアグリスにミシンオイル(又はチェーンソーオイル)をブレンドしたものを塗っています。


ハブ本体の方もシールドベアリングに異物が入らないよう、慎重にクリーニング!


フリーボディはハブナットで締め込むだけなので、左右にアーレンキー(六角レンチ)を差し込んで締め込みます。


最後にスプロケを装着したらオーバーホール(といってもフリーのラチェットのみですが」の完了です!

時間にして30分程度でピカピカにできます。

とりあえずこれで明日のポタリングは走れるようになりましたが・・・

そして走行会に行った皆さんは、住吉霊園~芦屋ライト坂~岩園町~苦楽園と走って、桜を満喫してきたそうです。